コンドロイチンサプリは口コミ評価を参考に

おすすめのコンドロイチンサプリ

加齢による慢性的な膝関節痛に効果を発揮するコンドロイチンサプリ。

あくまで栄養補助食品である為、医薬品の様な劇的な効果や改善こそ期待出来ませんが、長期に渡り適量をじっくり飲み続ける事により、じんわりとその効果が現れてきます。

コンドロイチンサプリは各メーカーが製品を出していますが、選ぶ際はなるべくメーカーの謳い文句を100パーセント鵜呑みにせず、むしろユーザーから寄せられる口コミ評価を参考にすると良いでしょう。

サプリメントの口コミ評価なら、市販の製品なら必ず通販サイトや口コミサイトに数十件以上の口コミが寄せられている筈。

はっきりした効果を感じたという人に加え、効果が感じられないという評価も多いのですが、それは栄養補助食品の性質上止むを得ないところ。

むしろ下痢等の副作用や体調悪化等のネガティブ評価が目立たないかどうかに注目すべき。

それが無ければ安心して購入出来る製品という事です。

またコンドロイチンサプリなら同時配合の有効成分にも注目したいところ。

特にグルコサミンは相性も良く、これらを配合した製品を積極的に探してみたいものです。

コンドロイチンサプリに効果はあるの?

コンドロイチンサプリを使ってみたいと思っている人の中には

実際にこれを使ってどれだけ効果があるかと思っている人もいるかと思います。

ですが、そういう人も安心して使って良いのがコンドロイチンサプリになります。

なぜなら、実際にコンドロイチンサプリを使っていればそれなりに効果を感じる事ができるからです。

その理由はコンドロイチンという成分は実際に医学的に膝の関節痛に良い効果がある事が証明されている事からも確かだからです。

なので、実際に使ってみるまでは本当にこれで辛い関節痛がなんとかなるかと心配になる人もいるかと思いますが、そこまで神経質になる事はないです。

確実にコンドロイチンサプリは関節痛に良い効果があるので信じて使うのがおすすめです。

コンドロイチンサプリに副作用はある?

コンドロイチンといえばサメなどの軟骨に含まれる成分の一つで、磨り減った間接の軟骨に補充されることで関節痛を抑えることができます。

一見有用に見えますが、だからといってむやみに使用すると思わぬ落とし穴があります。

実はコンドロイチンにも副作用が存在します。

上腹部痛や吐き気、下痢、便秘、または、まぶたの腫れ、下肢の浮腫、ほかにも期外収縮等が報告されています。

また、服用している医薬品と相互に作用してしまう場合もあります。

いわゆる血液を固まらないようにしてをさらさらにする抗血小板薬や抗凝固薬等と併用すると出血しやすくなるという報告もあります。

こうした副作用は決して頻繁には起こりませんが、起こりうるということをしっかりと念頭に置いておく必要があります。

コンドロイチンサプリで下痢になるって本当?

私は64才になる男ですが、小学生の頃、肝油というものが給食でよく出ていたのを覚えています。

鮫のエキスであるその肝油が何故、給食で出されていたのかと振り返ると、当時の小学生には脚気や栄養不良が蔓延していた記憶があります。

それのひとつの対策として、給食で支給されていたのかと思っています。

その肝油がコンドロイチンを含んでいたのは言うまでもありません。

この年齢になって膝や老眼が気になる私は半年前から、サントリーのこのサプリメントを愛用しております。

その効果は、誰しも個人差があって当然だと思いますが、私にはとても効果があると思っています。

長年、気になっていた目のショボショボが和らぎ、立ちあがった時や、階段の上り下りが楽になってきました。

完全とは言えないまでも、歩く事に意欲が出てきた私です。

それから、もうひとつ。

牛乳を飲んでも下痢気味になる私ですが、このコンドロイチンを摂取しても下痢にはなりません。

私の体に関しては、コンドロイチンで下痢になると言う話は、単なる噂に過ぎない話となっています。

コンドロイチンサプリは妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

コンドロイチンを妊娠中の女性が摂取して何らかの障害が出た、という報告はないのですが、長期に渡って摂取した場合どうなるか、という研究はまだされていません。

どのサプリメントでもそうですが、一般的なビタミン剤以外のサプリメントや医薬品は、医師に相談しながら摂取するかどうか決める事をおすすめします。

授乳中に関しても同じ事が言えます。

授乳中は母乳を通じて赤ちゃんに栄養を与えているので、お母さんの体だけという訳にはいきません。

すべて赤ちゃんにも成分は届いてしまいます。

これらの事を考えると、やはり飲む飲まないの判断は、医師に相談するのが正解だと言えます。

世の中に出回っているコンドロイチンサプリで、授乳中でも飲めます。

と明記されているものは、まず見当たりません。

健康リスクが起こる可能性は低いものであっても、妊娠中や授乳中の場合は注意か必要です。