販売派遣の裏話

アパレル販売員の仕事と恋愛

Kさん(23歳)

ある洋服屋さんで派遣で行ってました。
そこでの経験が少ない私だったのでまずお客様への応対からなかなかうまく出来ず悩んで泣く時もあった。
解らない事もあったし、接客業の難しさを本当に痛感しました。

 

 

服が好きだけでは務まらない

洋服やオシャレが凄く好きなのと、私は人見知りがあって話すのが苦手だったので克服がてらアパレル派遣についたものの。

 

敬語の使い方一つ、笑顔の作り方もそうですが覚える事が沢山です。

 

洋服を売る側としては、やはり綺麗に見せる事、相談しやすいオーラを出していたり、悩んで居る人を見つけたら自ら声をかけにいく。
そして、褒めて褒めて褒めまくる。これ鉄則な気がします。

 

自分達は、そこの洋服屋さんで社員割引で購入して着ます。
それをお客様がみて、可愛ければ同じものを購入したいとおっしゃる方も結構いらっしゃるんので
私は自分が買う時に凄く悩んで自分に似合う服を購入し、店内できます。

 

他の店舗の男性と恋愛関係に

店の周りに沢山あるので、別の店舗の店員さんと恋愛関係になりました。
気にかけて下さってた方は、実は好きだったらしく優しく相談に乗ってくださり、帰りは危ないからと自宅まで送って下さったりといつの間にか恋になり付き合っていました。
本当、接客業ですので言葉が凄くお上手なお方でした。

 

それに、あまり隠さなかったです。若かったからなのか全然隠さなかったです。店舗から少し離れたところで待っていてくれたり、周りに何かを言われるのも恥ずかしくなかったです。

 

お客様からのアプローチもありました。何度か見かけて居たのですが、外のマネキンにお洋服を着替えさせていたらお声をかけて頂きまして紙を渡されました。

 

A子さん(25歳)

洋服が好きなので、アパレルの派遣の仕事に就きました。
仕事内容は、早番のときは、開店するまでにお店の掃除をします。
そして、開店してからは、事務的な処理をしながら、お客さんが来られたら、接客をします。
納品があるときは、納品のチェックもしました。

 

正社員と仕事内容は同じなのに給与が違うことが不満になり

他にも、たくさんすることはあり、正社員の方と完全に同じ仕事をしていました。
ただ、同じ仕事をしても、お給料には大きな差がありました。
私は、派遣なので、時給で働いていましたが、正社員の方たちは、月給で、もらえる金額も大きく(正確な金額は知りませんが、だいたいの金額は社員さんとの会話のなかから推測できました。)洋服も、かなり安く買えていました(制服として、そのブランドの服を着ないといけませんでした。)ので、うやらましかったです。

 

売上の違いで妬みや嫉妬も

とてもイヤだったのが、私の売り上げが良いと、それを妬む社員さんがいたことです。
あとになって知ったのですが、その社員さんは、私の売り上げをこっそりと取って、自分の売上として会社に報告していたそうです。
その人は、私の前ではにこにこしていたのですが、影では私のことをいろいろ言っていたみたいでした。
派遣だから、少しばかにされていたのではないかと思いますが、その派遣の私の売上げが、その人よりいつも良かったので、私のことが気に入らなかったのだと思います。
でも、私としては、だからといって売り上げを減らす訳にもいかず、それがだんだんストレスになっていきました。
1年くらいで、そこは辞めました。