バレンタインのチョコ販売体験談

バレンタインの高級チョコ販売

バレンタインの時期によくある短期派遣で、高級チョコレートの販売をしていました。

 

南フランスのプロバンスという地域でショコラティエが全て手作りで作ったチョコレートを直輸入していて、1粒なんと400円もするチョコレートでした。

 

 

事前の研修もかなりしっかりしており、庶民の私からすれば
「1粒400円もするチョコレート誰が買うの?」
と思っていましたが、研修後の私は
「食べてみたい!あのチョコレート!」
となっていました。

 

私が単純すぎるのかもしれませんが。。。

 

チョコレートの表面にアルファベットのAからZまでの文字がプリントされており、文字によって味も違います。
プリントされた文字を使って、
送る人の名前や「I LOVE YOU」等のメッセージにすることもできるんです!

 

研修中に試食でチョコレートを食べさせて頂いたのですが、もう本当においしくて、高いから自分じゃなかなか手が出せないけど、
「こんなプレゼントもらったらうれしだろうなー」
と思っていました。

 

そんなこんなでその高級チョコレートが大好きになった私は、
そのチョコレートの販売トークマニュアルも
がんばって全部覚えました。

 

26種類のチョコレートの味はもちろん、
そのチョコレートに使われているものの原産国
(バニラはマダガスカル産等)
好きになったら覚えることも苦にはなりません。

 

そして、販売初日。
高いのでなかなかお客さんも簡単には買って行ってくれませんが、一生懸命接客して、良さをわかって頂けたお客様には
「高いからいっぱいはかえないけど、ちょっとだけ」
と言って買ってくださいました。

 

 

あるお客様は、チョコレートの文字で
「MARRY ME」と作り、プロポーズをされたそうです。

 

 

 

 

 

このチョコレートならではの話ですし、派遣の仲間にも恵まれてとても楽しかったです。